キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

癌に効く遠赤外線温熱療法!健康増進!サウナに行こう!

健康・美容

癌に効く遠赤外線温熱療法!健康増進!サウナに行こう!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ガンに効く遠赤外線 温熱療法

ガンの治療としての「遠赤外線による全身 温熱療法」

ガンの治療として「遠赤外線による全身 温熱療法」が世界的に注目を浴びています。「遠赤外線による全身 温熱療法」とは、頭を出して入る遠赤外線サウナのようなコンピューター制御の遠赤外線加温装置を用いて加温し体温を42度に上げ、 その熱でガン細胞をやっつけるという治療法です。
現在、ガンの治療は主に手術、放射線療法、化学療法、免疫療法の4つがおこなわれていますが、アメリカではガン治療の流れが大きく変わり始めています。 手術、放射線療法、化学療法などは「侵襲的治療」といって、体に害を与える治療と見られるようになってきました。科学療法で使用される抗ガン剤は、 ガン細胞だけではなく正常細胞まで攻撃して、副作用が大きいといわれています。これに対して、遠赤外線 温熱療法や免疫療法は「非侵襲的治療」といわれ、 体に害を与えない治療として、高く評価され始めています。 参考資料 (ガンに効く遠赤外線療法への確信、 著者・横山正義医学博士、竹内隆医学博士 ・かんき出版)。

遠赤外線 温熱療法は がん治療の希望の星

「非侵襲的治療」としての遠赤外線 温熱療法には、いくつかの大きなメリットが上げられます。   第1に、末期がん特有の激しい痛みを和らげる   第2に、延命効果がより高い   第3に、がん細胞が縮小または消失する   第4に、患者さんの体の負担が軽くて安全である   第5に、操作が容易で、繰り返し治療が可能である   第6に、1回目に治療で痛みが消え、食欲がでる 「遠赤外線による全身 温熱療法」はこれだけの優れた点があります。特に注目したいのは、上位三つです。第1の末期がん特有の激しい痛みが和らぐ事です。末期がん の患者は全身に耐えがたい痛みに苦しみます。この苦しみから解放されるだけでも、患者さんには大変な福音です。第2の延命効果ですが、他の治療と比べて温熱療法での延命効果は目を 見張る結果が出ています。例えば、余命三ヶ月といわれた末期がんの患者さんが、三年から四年と延命して、痛みに悩まされることなく平穏に生活でき、しかも単に延命するだけで はなく、普通の生活が出来、食欲も驚くほどあり、中にはそのまま治ってしまった例もあります。第3の がん の縮小効果ですが、温熱療法で治療した患者さんの70%が がん細胞の縮小が見られます。また驚く事に、がん細胞が消滅したという報告もあげられてます。  また、家庭用の遠赤外線サウナを自宅に持ち込んで補助療法として自宅療養される方もおられます。

がん細胞は42度の熱に極めて弱い

まず温熱療法の原理ですが、がん細胞は正常な細胞に比べて、熱に対して極めて弱い性質を持っています。42度でガン細胞は死滅します。体を42度に加熱しますと、次のようなことが起きます。    第1に、汗をたくさんかきます。そのため水分を充分補給する必要があります。 第2に、汗で水分が出るため、患者さんの尿量が減少します。 第3に、血圧が低下します。これは血管が拡張するためです。 第4に、心臓の働きが活発になります。 第5に、加熱中は心電図に変化が見られます。 このように加熱すると体にいろんな変化が見られますが、これらはガン細胞にはダメージを与えますが、人体への危険は無い事が、いろんな実験で確認されています。

温熱は免疫能力を高める

遠赤外線による全身温熱療法で加熱すると、神経系からエンドルフインという物質が分泌され、免疫が上がるとされています。温熱により免疫系の働きが活発になり、 自己治癒力が強化され、癌細胞が攻撃されて消滅する事が解明されています。  癌は冷えの病気とも言われますが、水を冷やすと硬い氷の固まりになるように、 癌などの硬い固まりを作る病気はすべて体の熱不足がもたらす「冷え」が原因です。昔から「冷え」は免疫力を低下させ「万病の元」といわれますが、実は「癌の原因」を作っていた のです。

出典 http://sauna.healthy-mart.net

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのならサウナや酵素風呂に入ろう!

ガン細胞は39.3度以上で死滅する
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n72356

がん細胞は39.3度以上で死滅するので、
体を温める事はガンに対抗する最良の方法です。

心臓や脾臓は温度が高いのでガンになりません。

ガン患者が梅毒の発熱によって、治癒した際に
ガンも完治した…という例で発見されたようです。

もちろん39度の体温を維持するのは、体にとって
ウィルス感染など異常事態ですので、そうではなく
体温を上げた状態を作る・・・という健康法と
お考え下さい。

運動する
筋肉量を増やす
半身浴
サウナ
体を温める食べ物を食べる
(生姜、ねぎ、唐辛子、他、陽性食品)
靴下の重ねばき
腹巻


35度ではがん細胞がもっとも増殖するので
低体温の人は要注意です。

出典 http://ameblo.jp

医師が考える「がんを治すために自分にできる5つのこと」

みなさんは温熱療法(ハイパーサーミア)についてご存じですか?

病変部位を40~43℃に加温することによって、がんや炎症に対する治療効果を高めたり、痛みなどの症状を軽くする治療法です。

ラジオ波やマイクロ波による局所の温熱療法は保険適応の治療法であり、さまざまな固形がんに対しておこなわれています。

がんに対しては、温熱療法だけの治療よりも、他の治療法(放射線治療や抗がん剤)と組み合わせることで効果が高まるとされています。

日本ハイパーサーミア学会によると、これまでに無作為化試験(信頼性の高い試験)によって温熱療法の有効性が示されているがんとして、

再発性乳がん
メラノーマ(悪性黒色腫)
子宮頸がん
直腸がん
膀胱がん
頸部リンパ節転移

などがあげられます。

また、これら以外でも脳腫瘍、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がんなど、ほとんどのがんで有効であった患者さんが多数報告されているとのことです。

温熱療法は、がん細胞は正常な細胞より温まりやすく、熱に弱い性質を利用したものです。
つまり、がん細胞は42.5℃以上になると死ぬことが明らかになっています。

じっさいには、がん細胞を42.5℃以上に温めることは簡単なことではありませんが、それより低い温度でも、放射線療法や抗がん剤の治療効果を高めることがわかっています。

また、温熱療法のもう一つの重要な効果として、免疫力を高める作用があります。
これも、がんに対する温熱療法の治療効果のひとつと考えられます。


温熱療法には大きく分けると、全身を温める「全身温熱療法」と、がんやその周辺部だけ を温める「局所温熱療法」の2つに分けられます。

このうち、「全身温熱療法」は自分でできます。
つまり、サウナや熱めのお風呂などで体を温めればいいのです。

もちろん、サウナやお風呂に入ることで体温を42.5℃にしてがん細胞を死滅させることは不可能ですが、免疫力を高めることは可能です。

実際に、サウナなどによる低温温熱刺激が免疫力を高めるという実験結果があります。

出典 http://cancerselftreatment.blog.fc2.com

ミストサウナ【ビートたけしのみんなの家庭の医学で紹介されました】

遠赤外線ドームサウナの健康効果

ベストパワーランド 御湯神指し いのちのサウナ

関連ツイート集

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!